「活動報告」カテゴリーアーカイブ

レポート:LGBTの子どもたちと教職員が過ごしやすい学校をつくろう!!5

【井上鈴佳氏✨優しくキラキラと教師に諭す】

先日、丸亀の人権啓発センターで行われた
『LGBT🏳️‍🌈の子どもたちと教職員が過ごしやすい学校をつくろう!!5』
カランコエの花 上映会
井上鈴佳氏の講演会、について(^ ^)

こちらのイベントは、去る2月9日、日教組香川教職員組合 主催、プラウド香川が共催で行われました。
参加者のほとんどが、もちろん現役バリバリの教師達。
筆者の僕も参加させて貰いましたが、プラウド香川の仲間も数名チラホラと。

まず、カランコエの花。
僕は初見でした。切ない。うん、凄く切ないストーリー。ちょっと泣けちゃいました。青春真っ只中のはずの女子学生達。同性愛者であることを悩む主人公。悩む主人公を理解したいけどどうすればいいか分からない友人。クラスメイトの反応。教師の葛藤。
カミングアウトやアウティングについても、ちょっと駄目な感じが如実に再現されてました。
僕は同性愛者ではないけれど、LGBT当事者。あの感じ、自分の学生時代だったらと思うと、少しゾッとしました(^^;

「カランコエの花」より
「カランコエの花」より

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、ご自身がレズビアンのアクティビスト、井上鈴佳氏の講演。
養護教諭であり、大阪は大東市のパートナーシップ制度利用者第一号であり、教育現場など、ほぼ毎日のように講演活動をして活躍されている井上さん。

井上鈴佳さんの講演会の様子
セクシュアルマイノリティと聞いて思い浮かぶことはなんですか? という質問からスタート。

ホントに、凄く、言葉の運び方が丁寧で、優しくて、とてもとても聞きやすい講演でした。
主には井上さん自身の経験談、様々なご友人のお話を交え、レズビアンのみでなく色んなセクシュアリティの方の現実や困り事などもお話しくださいました。
とても文章では書き切れないほど、濃厚で、重みのあるお話も。

井上鈴佳さん
井上さん自身のパートナーシップ証明書を見せてくれました。

大事なのは、のちに教師達がどう動いていくか!ですが。皆さん真剣に、LGBTについて書かれている書籍やパンフレットを参考にしたいと眺めてらっしゃいました。

LGBT当事者がLGBT当事者の話を聞くことも、大切なこと。当事者とて、トランスジェンダーには、レズビアンのことが分からなかったりするのだから←これ僕のことです(^^; とてもいい機会でした。

少しずつ、少しずつ。
教員達にもアライ(アライとはセクシュアルマイノリティを支援、サポートする人)が増えていけばいいなと思います。
いや、そうなっていかなきゃいけないんです!

本当にありがとうございました(^ ^)

プラウド香川 広報担当 ずぅちゃんでした。

2019.12.22 クリスマス会レポート

12/22(日)の「プラウド家族会」の後は「クリスマス会」🎅🌈🍴🎄✨でした。

今年の「プラウド香川」最後のイベント。みんなで過ごせて良かったですね🎵😌人生色々あるけれども💦こうして他愛のない話をしながらみんなで笑って、美味しいものを一緒に食べられることが幸せなこと🌱💕パワーチャージして🏄‍♀️💦💨💦🏄‍♂️💨乗り切りましょう。

※美味しいご飯は「あしたプロジェクト」のたかちゃんが作ってくれました👨‍🍳✨

場所は亀井町の「燈屋」。
https://to-ya.org/

今年は昨年以上にみんながそれぞれの個性を活かして、助け合いながらがんばりました🏳️‍🌈👏本当に。

「プラウド香川」の良さは、多様なLGBTQはもちろん、LGBTQをポジティブに(ニュートラルに?)サポートしてくれる人たちや家族も沢山関わって、みんなで違いを認めあい調和しているところにあると思います。

どんな人にも毎年ハッピーなクリスマスがやってきますように🌈👩‍❤️‍💋‍👨👩‍❤️‍💋‍👩👨‍❤️‍💋‍👨メリークリスマス🎅💕皆様も、これから素敵なクリスマスを🎵お過ごしくださいね。

今年も「プラウド香川」と繋がってくれた皆様🎀🤝ありがとうございました。
来年も幸せなLGBTQを増やして🌈更に、いい仲間たちの輪を拡げていきます。

どうぞよいお年をお迎えくださいね。

Thank you & LOVE,
プラウド香川 副代表
高野 晶

2019.12.22 家族会レポート

12月22日(日)、2019年最後の 『プラウド家族会』を開きました🌈🏠💕LGBTQとその家族たちで、カフェで過ごす和やかで温かい時間。

今回の家族会はLGBTQ当事者よりその家族の方が多かった👪🌈という初のパターン。

今、香川で勢力的にLGBTQをサポートする活動をしている「あしたプロジェクト」ハナメガネさんのお母さん👓💕それに三豊市で四国初のパートナーシップ制度🏳️‍🌈を来年実現し、今も尚、日本で同性結婚実現に向けて活動を続ける川田中商会👬💕の田中昭全くんのお母さんも家族会に初めて参加してくれました🙌🎵昔からの仲間の家族が参加してくれるのは、辛かった過去を知っている分、特別に嬉しい😢✨です。
プラウド香川の代表 藤田博美のお母さんは体調不良のため残念ながら出席出来ず💧でしたが、今年は代表の長年のLGBTQサポート活動の中、初めてお母さんが前回の家族会に参加してくださったのが快挙👏でした😌🍀お大事にです。
今回の様に、副代表の私、高野晶 の父母、姉と家族全員が参加したのも初でしたね。みんな、キャラ濃すぎて申し訳ない🙏💦です(笑)
ということで、プラウド香川メンバー家族の初顔合わせもあり。仲間たちの家族が揃い、今こうしてポジティブな会話をしていることが何て幸せなことなのだろう😢✨と、私は団欒しながらも☕☕感じていました。

そして、今まさに昔の私たちのように悩んでいる渦中の人たちや家族がいます。そのお母さんにいろんなことを乗り越えてきたお母さんやプラウドのメンバーたちがアドバイスをする姿🌈👏が、心強い。
今回はLGBTQの子を持つ5人のお母さんが参加してくれたのですが。やっぱり母親の愛には敵わないな、と思いました。乗り越えてきたお母さんも、今、まさに悩んでいるお母さんも、愛しているから悩むのですもの。
きっとセクシュアリティが何であれ、子を愛している。心配だからこそ、ネガティブなことまで予測して余計に心配になってしまう💧今、ポジティブにアドバイスをしているうちの家族も昔はそうだったのです。

親の心配もはね除けて、自分の本当の幸せに向けて突っ走る時期も必要です✨🌈🏃💦💨💨そして、幸せになった時に、親は「幸せならそれでいい」と、感じてくれるのだと思います。それが出来ない親は、それはもうただのエゴの押し付けなので、適度な距離感が必要になるかも知れないですね💧いくら家族でもそういう相性の時もあるのです。

今、悩んでるお母さんが涙を流しながら話すのを見ていると「愛だな~」と、私は温かい気持ちになりました😌💕悩んでいるお母さんには申し訳ないのですが💧通過点なのです。ただいま通過中~🌀💨焦らずいきましょう。
私たちの時とくらべたら、こうしてLGBTQの家族会があって、ナチュラルに幸せに暮らすLGBTQたちが揃い、アドバイスをする🌈😉👍なんて夢のようですからねー。
色んなことを少しずつ受けいれて、少しずつ幸せに変化していって欲しいです。

体調を崩して来られなかったものの、まだ10代の参加希望者もいました。「プラウド香川」では来年も「プラウド家族会」を続けていきます🏠🏳️‍🌈若い世代のサポートも続けていきます。

今、家族との関係に悩んでいる人🌈や、LGBTQの家族同士の繋がりが欲しいという人、また近くにお悩みの人がいるという人は、来年の「プラウド家族会」にお気軽にご参加ください。

こうして、色々ありつつも、みんなでまったりと、1つの大きなファミリーが集うようにお茶をする時間が大切なのだと思っています。
「プラウド香川」の仲間たちが、いいファミリーになってきたなー💕😌と感じるとともに、まだまだみんな幸せになれる!と貪欲に企むプラウド香川副代表からのご報告でした。

今年、「プラウド家族会」に参加してくれた皆様、ありがとうございました🏳️‍🌈💕来年もよろしくお願いいたします🤝ね。

Thank you & LOVE,
プラウド香川 副代表
プラウド家族会担当
高野 晶