「活動報告」カテゴリーアーカイブ

プラウド・カフェの今と昔、そして次回へ向けて。

7月26日にプラウド・カフェを開催しました。
今回も20名の参加があり、文字通りひざを突き合わせて、あちらこちらで話が盛り上がっていました。教育機関への働きかけの話し合いも進めることができました。

今回も様々な職業や立場の参加者が来られましたが、このグループを私・藤田と一緒に立ち上げたスカイさんも参加してくれていました。
-1995年の発足当時はレズビアンとバイセクシュアル女性のグループで名前は「ハート・ショット」と言いました。それが徐々に参加者や活動内容の変化によって「ハート・ショット」→「PROUD in 香川」→「PROUD」と名前も変えてきました。

昔話のついでにもうひとつ。今年1月から始めたこのプラウド・カフェはプラウドの歴史の中では第二期にあたります。
第一期プラウド・カフェは2007年~2009年にかけて計8回開催しました。その時は「会議室で行っている会よりはゆるく集まれて、LGBTな話ができて仲間に会える和み場所」というコンセプトの元、メンバーの経営するカフェで、ライブ演奏や詩の朗読なども行われていました。

そして今年プラウド・カフェ復活にあたって、第一期の企画や運営を中心でやってくれていたりーるーさんがイメージ画を描いてくれました。りーるーさん、楽しそうな雰囲気が伝わってくる素敵なイラストをありがとうございました!現在りーるーさんは漫画家として活躍されていますので是非検索してみてくださいね。

第二期のプラウド・カフェは2015年上半期の運営メンバーの提案の元、
プラウドメンバーが中心になって、おやつとお飲物をご用意しておもてなし♪
「性とライフスタイルの多様性」をテーマとして、
「LGBTQ/ヘテロ/アライ/マイノリティ/マジョリティという枠にとらわれず、誰もがひとりの人間として気軽に相談しあったり/世間話をしたり/お友達になったりしていく、オープンで気軽な思いやりと優しさのある空間」
というコンセプトで、奇数月の最終日曜日にお店を借りて開催してきました。
毎回20名前後、10代から60代まで幅広い層の参加がありました。参加・協力してくれた方々に心から感謝しています。

ここで皆さんにお知らせとお願いなのですが、一旦このプラウド・カフェのコンセプトや開催方法を見直すことになりました。
これまでプラウド・カフェに参加してくださった方や今後参加したい方、ぜひ8月末までにご意見やご要望をお聞かせください。よろしくお願いします。
→お問い合わせフォーム

8月23日(日)には香川レインボー映画祭のプレ上映会としてFTMの高校生の映画「僕らの未来」を上映します。ぜひそちらにも足を運んでくださいね。
(藤田)

6月定例会「レインボープライド愛媛のエディ氏を迎えての勉強会」参加者コメント

6月28日に開催された定例会、テーマは「愛媛での取り組みに学ぶ、性の多様性を活かす地域づくり」。
講師にレインボープラウド愛媛代表エディ氏を迎えての勉強会でした。15名の参加がありました。
→レポートのページへ

参加者からのコメントを入力できましたのでお読みください。みなさんの熱い思いが伝わってきますね。

  • 焦らず自分のできる事を自分のできる場所でやっていきます。
  • ワールドカフェ初体験!!とても充実していて楽しかったよ~。ご一緒させて頂いたみなさんありがとうございました。
  • 多様性を認め合える社会へ。小さくても声をあげていきましょう。
  • ワールドカフェのやり方が良かった。他の市民活動の人とつながったり、学校へアプローチしていきたい!
  • セクシュアリティは善悪では無く「本能」です!!私たちは、異性愛者であるあなた達の「子供」です!!
  • 自助活動は底支え!
  • ワールドカフェは色々な意見が聞けて楽しかったです。
  • 今日学んだコトバ「わかってくれる人が3人いれば生きられる」香川の皆様ありがとー。
  • とてもとても勉強になりました。楽しかったです。私も何かせねばと思う今日この頃…。
  • 親からの経済的自立!悲観的にならない!
  • 「教育」って大切なことなんだと痛感させられました。勇気をもって進んでいけるように努力していきます。自分が変われば世界が変わる、そう信じられる世の中に…。
  • 私たちから変えていく!自分に何ができるだろう?2~3人いれば何ができるだろう?
  • ここにいます、LGBTQ。
  • 愛媛に学ぶことがたくさんある。

以上です。読んでいただきありがとうございます。(藤田)

6月定例会「レインボープライド愛媛のエディ氏を迎えての勉強会」レポート

6月28日に開催された定例会、テーマは「愛媛での取り組みに学ぶ、性の多様性を活かす地域づくり」。
講師にレインボープラウド愛媛代表エディ氏を迎えての勉強会でした。15名の参加がありました。
→参加者コメントページへ

以下、参加者のブログから引用。許可をいただいて掲載しています。

今日は自助グループの勉強会があったので
参加してきました。
テーマは
「愛媛での取り組みに学ぶ、性の多様性を活かす地域づくり」
講師にレインボープラウド愛媛代表エディ氏を迎えての勉強会でした。

エディ氏
エディ氏

最初にエディ氏よりレインボープラウド愛媛の取り組みについて説明があり、
愛媛では政治家へのアンケートの他に
コムズというタウンミーティングの活動や
学校などへの人権教育の講演会活動など
その活動が多岐に渡っていることが分かった。

20150628

講演後にはワールド・カフェという形式で話し合いの場をもった。

4人1グループでラウンドごとにグループをシャッフルしていくことで
他のグループの意見を持った新たなメンバーによって多くの人の意見が集まってくるという効果があるらしい。

オレがグループのホストに当たってしまい、グループ替えすることなくひたすら意見をまとめてました。

IMG_3658

IMG_3668

テーマは性の多様性を活かす地域づくりということで、出てきた意見をまとめると

一人一人が頑張ることが
地域のコミュニティーを変え、
国や社会を変え
我々を取り巻く環境を変えていくという事。

そのための手段として教育がとても大切になってくるということ。

あながち、今の仕事と関係がないわけではないので正直ドキッとしました。

ワールド・カフェの効果か
いつになくたくさん発言できたような気がしました。

勉強会を企画してくださったおうじさん
おつかれさまでした。

終了後の懇親会も行きたかったのですが
やはり高松は遠い…。
明日の仕事のことも考えて欠席させていただきました。

印象に残ったことは
「何らかのアクションを起こして意見を言わないと
そこには誰もいないことになってしまう」
と言ったエディ氏の言葉。

いつも居ても居ないような振りをしたり
意見を求められても「ありません」と
答えてしまうようなオレですが
これからは自分の意見をはっきりと主張できるようにしなきゃな。

ということで、会に来ていた同性カップルの方から頼まれた
同性婚人権救済についてのネット署名を行いました。

日本でも同性婚が認められないのは人権を侵害するとの内容の申し立てを
7月7日に日本弁護士連合会(日弁連)に行うそうです。

署名の締め切りは7月3日。
将来的に同性婚をお考えのみなさんは是非署名を…。