「活動報告」カテゴリーアーカイブ

プラウド2015年11月の活動レポート「2015高松市男女共同参画市民フェスティバル」

2015年11月は、「高松市男女共同参画センター開館20周年記念&2015高松市男女共同参画市民フェスティバル」に参画しました。
1995年8月に参画センター(当時は高松市女性センター)は開館しました。PROUDはその年の5月にハート・ショットという名の女性同性愛者の会として発足しており、活動場所を求めていたので、センターが開館してすぐに登録団体になりました。なので、開館当時から活動されている他の市民団体の人たちともお互いの20年をたたえ合いました。
2016年11月には高松市松島町にセンターが引っ越しすることも決まっていて、今のセンターではこれが最後の市民フェスティバルになりました。

パネル展
「どんな性別でも使えるトイレのマーク」コンテスト

11月19日(木)、24日(火)10:00〜17:00
IKODE瓦町(瓦町FLAG8階)
参加人数:1日100~400人程度
体と心の性が一致しない人が自分の望む性別のトイレに入ると非難されるなど、性的少数者には外出時のトイレで困ることがあります。そこで多目的トイレを利用することが多いのですが、障害者や妊婦などのマークしか無く、多目的トイレの利用をためらう人も多いのです。そこでPROUDでは性的少数者にも安心して多目的トイレを使ってもらえるよう、マークの公募を企画しました。
このパネル展では、1次選考で分かりやすさや美しさを基準に絞られた11点を展示して、来場者に投票してもらいました。たくさんのご参加ありがとうございました。
パネル展

ワークショップ
ダイバーシティ・カフェ

11月22日(日)、29日(日)10:00〜16:00
高松市男女共同参画センター2階情報交流室
参加人数:各日30人程度

ダイバーシティとは多様性の意味で、多様な人々が共に話せるカフェコーナーを交流室に開設しました。コーヒー、紅茶、ジュースなどの飲み物と、パウンドケーキやクッキーなどのお菓子を販売しました。
飲み物を淹れている間に、同性パートナーシップ証明書の取り組みへのアンケートや、「どんな性別でも使えるトイレのマーク」に投票してもらうことも出来ました。時間のある人はゆっくり座って、お茶を飲みながら仕事や生き方についてお話しを聞かせてくれました。
また、最近LGBTに関する話題も多くなっていますので、PROUDの活動に関心を持ってダイバーシティ・カフェを訪れた人もいました。LGBT当事者、親御さん、市議会議員、政党職員、これから支援をしたいと思っている人など、いろいろな人がお話しをしに来てくれました。
カフェのスタイルは気軽に話せて楽しかったのでまた企画したいと思いました。お越しいただいた皆様ありがとうございました。

ダイバーシティ・カフェ

9月23日開催の「プラウド・カフェ」レポート

第5回プラウド・カフェの参加者による報告および感想です。

  • 前半は世田谷区議員の上川あやさんのインタビュー映像を見ました。
    インタビューの内容は世田谷区でのLGBTの取り組みについて。
    上川さんが当選してから世田谷区でLGBT問題を取り扱ってくれる部署が決まったことや、小中学校での取り組みについてなど、結構専門的な話が多くて聞くの大変だったかな…。
    でも、テレビやインターネットの記事の世界の人だと思ってたけど、結構気さくな人だということが分かった。
    ビデオをみながら参加者を待っていたところ集まったのはオレ含めて7名。
    後半は、トーク。今回のテーマはジェンダー表現について。
    最初に性別と性自認、性指向をつかって自己紹介。
    オレは性別は「女」で、性自認は「男」で、性指向は「女の子」が好きで…。
    って、説明していったら性自認って結構難しいって話に。
    オレの中に男の部分もあるし、女として生きていた記憶もある。 完全に「男」ってわけじゃないかもしれない。
    一緒に参加してたノンケの人は性別と性自認が異なることが「理解できない~」って悩んでた。
    話はやはり教育の話に。
    学校現場でLGBTをどう扱ったらよいか議論が白熱しまして…。
    教育に関わらず全体のことを考えれば個がおろそかになるし、個を充実すれば全体がおろそかになるし、やっぱりバランスが大事って話になったのかな。
    少人数にも関わらず熱の入った話し合いがおこなわれ、時間があっという間に過ぎてしまいました。
    お借りしたスペースは広くて感じも良くて使いやすかったです。また、こんな場所でいろんな人と話が出来たらと思いました。
  • 少人数でしたが、アットホームな場所で、そんなに肩肘張らずに話ができたのはよかったと思います。
    しかし、普段私が主宰している自助グループと違って、非当事者でマジョリティの方が来られ、まさに「ザ・マジョリティの考え」的な意見を疑いもなく述べられたのには、正直なところ驚きました。
    性の多様性への理解、という流れは、もう止められないものです。
    しかし、流れそのものの速さは、早かったり、場所と時によっては遅かったりもするのでしょう。
    それでも、とにかく、プラウドカフェのような場(活動)を通して、一歩ずつ進めていくしかありませんよね。
    私自身、自助活動を志を持って始めたものの、すでに時々心が折れそうになることもあります。
    でも、これまでずっと続けてきたおうじさんはじめ周囲の当事者・先駆者へのリスペクトを忘れることなく、常に初心忘るべからず、でこれからもなんとか続けていこうと思います。
  • 参加者の中に周りの迷惑を考えずに、自分の意見を主張し続ける方がおられ、さらに不毛と思われる議論が展開されてしまったことは、非常に残念です。
    会の運営上のルールと、参加者の把握の問題だと思います。
    誰もが楽しく参加できるカフェを目指していただけたらと思います。
  • プラウドカフェに参加してみて、ジェンダーアイデンティティの問題の難しさを感じた。
    性別・性自認・性表現の3つがあるが、これらがすべて一致していればいいとして、どうもこれらが、状況によって揺らいだり、もちろん年齢とともに揺らぐなど、性の問題以前の自己同一性の問題としても各人にのしかかっているということを知った。
    これらの揺らぎは、皆一様にあるというのではなく、各人それぞれの仕方で揺らいでいるというのだから、どうにもややこしい問題だと感じた。多様性を認め尊重するというのが会の趣旨だが、個々人の中ですでに多様に揺らいでいるのだから、ジェンダーという様態としてあるのではなく、個別の問題ではないかと思った。
    まずはこの問題をできるだけクリアにする方向性はないものか。こういう課題も受け取ったという次第。気持ちとしては、複雑な思いを抱いた。

8月定例会「香川県人権・同和政策課の方との意見交換会」レポート

8月30日(日)に開催しました定例会「香川県人権・同和政策課の方との意見交換会」は県庁職員の佐藤浩基さんを迎えての勉強会でした。10名の参加がありました。

佐藤さんは県職員への研修資料を基に県での人権・同和についての取り組みをお話ししてくれました。

20150830proud1-1
20150830proud1-2

性的少数者の人権問題は「その他の人権問題」となっています。

参考ページ「ねっと人権学習館 かがわ」

香川県教育委員会では教職員向けに性同一性障害についてのリーフレットを発行しています。

kagawakenkyouikuiinkai1

kagawakenkyouikuiinkai2

kagawakenkyouikuiinkai3

kagawakenkyouikuiinkai4

「両性の平等」については参加者たちから「『両名の平等』に修正したら男女だけに限らなくて良いのでは」という意見も上がりました。
20150830proud2-2

大阪市淀川区のLGBT支援事業についても私から簡単にですがお伝えしました。それについてはまた別の機会にきちんと勉強会を企画します。今回、参加者の皆さんも全員が発言できて、様々な意見が交換できました。プラウドでは今後もこういった意見交換の場を作っていきます。ご参加ありがとうございました。(藤田)

参加者の感想

  • 佐藤さんが知識・認識不足であることを素直に認めた上で、この場にいらしたことに敬意・感謝を表したいです。
    「同性婚を認めると人口減にも」と発言された時、ほとんど全員の方が反論したことが、認識の差を顕著に表していたと感じました。
    職員の方には映画や本で関心・知識を高め、できることなら当事者の方の話を聞いたり、お付き合いしたりして頂ければ、と思います。
    当事者の方や関係団体のツイッターをフォローするだけでもとても勉強になると思います。
    貴重な機会をつくりだして下さったプラウドの藤田さんはじめ、運営メンバーの皆様、休日に出てきてくださった佐藤さん、本当にお疲れ様でした。
    この貴重なつながりがいいご縁になり、双方にとってよき動きへの発展となるよう祈り、そして応援させて頂きたいです。今日はありがとうございました。
  • 県の人権・同和政策は同和問題にウェイトが置かれているという認識がありましたが、セクシュアル・マイノリティについても情報交換をしにきてくださってとても嬉しく思いました。同和問題と同じような視点で取り上げていただけるとありがたいです。
    あと研修をする時にでも全体はなかなか変わらないと思うけれども、一人でも性的マイノリティのことを知りたいと思える人が増えていただけるとありがたいので、地道に研修を繰り返していただきたいと思います。
    性的マイノリティについての研修をしている自治体もあると思うので、それにならって県や市町村単位でも研修で取り上げていただければありがたいです。
    ありがとうございました。
  • 人権・同和政策課の方の話を聞いて、以前から思っていたけど、やっぱりすべての人にあてはまる倫理は存在しないって思った…!自分のルール(倫理)を疑ってみようと思う。倫理とは(正義とは)何でしょうね…?!
  • 権利は、主張してこそ得られる。主張は相互主義。ということを理解・確認しました。ありがとうございました!!
  • 今回新しい意見が聞けたりして勉強になった。セクマイ以外の人権問題も少し聞けて良かった。性同一性障害の知識はまだまだなのでもっと知りたいなと感じた。また参加したい。
  • 時間が長かったこともあって少し疲れました。職員さんとの話も脱線しかけた部分もありましたが得るものもあったと思います。
  • 県の職員の方が「いろいろ逆に教えて下さい」とおっしゃってくれたのが、すごく良かったなと思いました。というのも、LGBTに対しても人権問題であると認識されていると感じたからです。これまでは行政としてはLGBTについては人権問題というふうに考えられていると思っていなかったので。
    LGBTの問題について行政まかせではいけないし、当事者の意識を変えていけないと思いますが、行政の担当者や教育関係の人々だけでもLGBTについての知識をもってくれたら嬉しいなと思います。
  • 途中からでしたが県職員の方のお話を聞くことができて、そういう機会を持てたことにまず大きな意味があると思いました。一市民として行政への意識が高いとは言えないので、行政の方、行政のやっていることはとても遠くて…。本当は市民と行政の存在は一体でないといけないのでしょうけど。
    現状として、香川県では性的マイノリティの人権についての取り組みはほとんどゼロのようです。教育委員会での取り組みが始まったばかり(続いていくことを願うばかり)とのこと。今後、性的マイノリティについての活動がなされていくのであれば、どんどんプラウドや、プラウドのもつネットワークを活用していただければと思います。
    私個人としては、他の人権問題への意識をもっと持たなくては…隣人への配慮のための知識を、と思いました。

以上です。