「featured」タグアーカイブ

第2回定例おはなし会レポート(2017.06.18)

先日、6月18日に【プラウド定例おはなし会】が、片原町の まなびCANで行なわれました。

参加者は、23人で、うち初参加が9人。満員御礼となりました。

今回は、和室でしたので 人と人との距離もグッと近く、新規の方々も親しみやすかったかなと思います。

テーマは、子供の頃。

子供の頃の困りごとや、自分はこういう子だった、こうされたら良かった、こうで良かったといった お話。

ワールドカフェ形式でした。4グループに分かれ、三度席替えをして、色んな人と話しながら テーマについて考察したり、思い出したりして、学びに繋げるようなもの。

当事者たちが語るだけにとどまらず、アライの方々も、初めましての方々も、自分達の頃はどういう印象だったかなど、それぞれ、友人とおしゃべりするように和気藹々と話してました。熱気ムンムンです^_^

子供時代は全員にあっても年代差で全然違う。ジェネレーションギャップは ある中で、それぞれ得るものがあったかと思います。

そこから、これからの未来にどうなったらいいか、どうしていくべきかといったことを、あくまでポジティブに見てみようということで、各グループ、感想など発表してもらいました。

結果、『まとまらない』という まとめになったグループもありましたが(笑)
それだけ、一言二言では伝えきれない熱い想いが、あったということだと思います^ ^

ただ、みんな 共通して感じていることは、『自分たちは過ぎたからいい。それより今からの子供たちには、堂々と楽しんで生きてほしい。』といったこと。
それには、教員や保護者といった、支えがしっかりないとね。というお話でした。

僕も 書ききれないほど、色んなものを感じました。学びになったと同時に、ありのままの姿で話せる友や仲間の存在に、安堵感も感じました。

なにはともあれ、ご参加くださった皆様、読者の皆様、ありがとうございました(^^)

(ずぅちゃん)

【第3回定例おはなし会】
2017年9月17日(日)14:00~16:45 高松市市民活動センター(瓦町FLAG8階)

ヒトデ×PROUDコラボイベント「LGBT」と「働く」を考える

ヒトデTALK「LGBT」と「働く」を考える

ヒトデTALKは、「働く」の幅を拡げるトークイベントです。
性の多様性を尊重する社会作りを目指しているPROUD代表の藤田 博美と、公共交通の経営者として地域の多様性について考えていることでん代表の真鍋 康正さんをお招きし、LGBT当事者の「働く」に対する心境や、それを取り巻く社会環境について、トークします。

【日時】
平成29年8月20日(日)13:30~16:00(受付13:00~)

【主催】
株式会社Woriks
http://hito-de.com/

【共催】
プラウド

【場所】
高松市市民活動センター 会議室2(瓦町FLAG 8階)

【参加費】
無料

【定員】
30名(残席わずかです)

【内容】
(1)トークセッション
(2)意見交換会

【スケジュール】(仮)
13:00-13:30 受付
13:30-14:30 (1)トークセッション
20分「自己紹介・取り組み紹介・現状紹介」
40分「LGBTと働くを考える」
後半40分は秋吉との掛け合い
14:30-14:40 休憩
14:40-15:40 (2)意見交換会
15:40-16:00 事務連絡・アンケート・挨拶

【申込】
お問い合わせフォームからお申し込みください

【トーカー】
藤田 博美 / Fujita Hiromi
PROUD代表
調剤薬局で事務員として11年勤めて転職を決意。1年間、デザインの職業訓練を受けた後、老舗の染物屋に再就職して15年働いている。今後の働き方を考え中。性的少数者のQOL向上はライフワークとして継続していきたい(proud-kagawa.org)

真鍋康正/ Manabe Yasumasa
ことでんグループ代表
1976年高松市生まれ。経営コンサルティング会社などを経て、2009年帰郷。2001年に民事再生法適用したことでん、ことでんバスなどの再生に従事。ことでんの他、ことでんバス、ことでんタクシー、アイル・パートナーズなど、グループ各社の代表取締役社長(http://www.kotoden.co.jp/)

秋吉直樹/Akiyoshi Naoki
株式会社Woriks代表取締役
香川県地域おこし協力隊
『「働く」という価値観の幅を拡げる』という企業理念のもと、人で見つける求人メディア「ヒトデ(hito-de.com)」の運営、地方での就労サポートなどを実施。
著書「地域おこし協力隊」(https://www.amazon.co.jp/dp/B0716LNJJF)

★ヒトデTALKの想い★
私たちは常に「誰か」とともに働いています。どんな仕事であっても、誰かと協力し、時に誰かと励ましあい、時には誰かと競いあいながら働いています。人は不思議なもので、同じ仕事であっても、ともに働く人によって幸せな気持ちにもなるし、暗い気持ちにもなります。だから、少しだけ顔を上げて、隣にいる誰かを見つめ、どんな人であるかを知りたい。誰かを知るということが、「働く」という価値観の幅を、少しだけ拡げてくれます。そして、その拡がりが、誰もが自分らしく、活き活きと働ける社会を創っていくのだと信じています。

渋谷区&札幌市LGBT支援施策視察報告会

【日時】
平成29年8月20日(日)10:40~12:30(受付10:20~)

【場所】
高松市市民活動センター 会議室1(瓦町FLAG 8階)

【参加対象】
プラウドメンバー、行政職員、議員、一般市民
先着16人程度

【参加費】
無料

【内容】
(1)東京都渋谷区と北海道札幌市の視察報告
(2)香川での取り組みについての意見交換

【スケジュール】
10:20~10:40 受付
10:40~11:30 (1)視察報告(富野和憲さん)
11:30~12:20 (2)意見交換
「香川ではどんな取り組みがあったらいい?」
12:20~12:30 アンケート記入、挨拶
12:30~12:50 片付け、退室

【目的】
LGBT支援で進んでいる渋谷区や札幌市の視察から、香川県内の行政に望むことを話し合う

【申込】
お問い合わせフォームからお申し込みください

【主催】
プラウド