「イベント」カテゴリーアーカイブ

LGBTQ+の子どもたちと教職員が過ごしやすい学校をつくろう!!6

日時 1月9日(日)13:00受付開始 13:30開始 15:30終了
会場 三豊市豊中町農村環境改善センター(三豊市豊中町本山甲160-1)
 電話 0875-62-1155(駐車場あり)
参加費 500円(日教組香川教職員組合員は無料)

内容
1)講演「LGBTQ+を入り口に考える教育×共生社会」(13:35~14:35)
講師 鈴木茂義さん
公立小学校非常勤講師。元上智大学文学部非常勤講師。常設のLGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」のスタッフ。自治体の相談員。専門は特別支援教育、教育相談、教育カウンセリングなど。1978年茨城県生まれ。文教大学教育学部卒業。14年間の正規小学校教諭として勤務を経て現職。教員20年目。教育研究会や教育センターでの講師経験も多い。学校に勤務しながらLGBTや教育に関する講演活動を行い、性の多様性やより良い「生き方」「在り方」について参加者と共に考えている。

2)ディスカッション(14:35~15:25)
講演の感想
質疑応答
意見交換など

主催 日教組香川教職員組合
共催 プラウド香川
後援
香川県臨床心理士会
部落解放同盟香川県連合会
NPO法人香川人権研究所
香川県人権・同和教育研究協議会
高知教職員組合
徳島県教職員組合
愛媛教職員組合
岡山県教職員組合


お問い合わせ 日教組教職員組合
電話 0120-27-5925

12月19日開催 レインボー交流会のおしらせ

2021年の師走、レインボー交流会を高松市内のカフェにて開催いたします。

クリスマスが近いので、パーティー形式にて、数種類のドリンクとデザート系パンケーキをご用意いたします(要参加費)。

今年一年いろんなことがあったと思いますが、楽しく笑顔でしめくくれるよう、皆さまのご参加をお待ちしております。

☆日時 2021年12月19日 日曜日

    14:00-16:30

☆場所 Cafe & Dining Fluer

    香川県高松市六条町1200-4

    087-887-0824

    GoogleMapリンクはこちら>>

    鍵屋さんとエネオスの間です。

    駐車場に7-8台停められます。

    おとなしい犬なら、同伴可能。

☆参加費 1000円 (パーティー形式の数種類のソフトドリンク、デザート系パンケーキ)持ち込みも歓迎です。

☆参加対象 LGBTQ+ 当事者 Ally セクシュアルマイノリティに興味関心のある方

☆参加方法 申し込みフォームより

☆参加申し込み期限 2021年12月16日

=============================

新型ウイルス感染がまだ終息しておらず、今回のレインボー交流会開催に当たりまして、皆さまが安心してご参加いただけるように、感染予防対策の徹底を行いたいと存じております。

つきましては、マスク着用での参加をお願い申し上げます。 手指消毒用アルコールもご用意いたします。換気も努めて行います。

=================== 

★★★参加の注意点  ★★★

1. 誹謗中傷等は、固く慎んでいただきますようお願い申し上げます。万が一発覚した際は、退場していただく場合もございます。

2. アウティングに繋がる行為はお控えください。

■参加者の中には、LGBTQ当事者であることを他者に知らせていないクローゼットの方もおられます。

■知り得た情報を許可なく第三者に伝えたり、個人が特定できる形でSNS等でシェアすることはお控えください。 

皆さまが、レインボー交流会を楽しんでいただき、快適に過ごせるようご協力のほどお願い申し上げます。

ご参加をお待ち申し上げております。

11/23台湾映画「親愛なる君へ」上映会

【香川レインボー映画祭関連企画】
2021高松市男女共同参画市民フェスティバル
テーマ「コロナ禍を超えて 共に生きる社会へ」

台湾映画「親愛なる君へ」上映会
~今は亡き同性パートナーの家族を守る物語~
とき 11月23日(火・祝)14:00~16:45(トーク含む)
チケット 1000円(当日払い)お申し込み2021shinai.peatix.com
場所 高松市男女共同参画センター第3学習研修室

主催 2021高松市男女共同参画市民フェスティバル実行委員会
共催 高松市
企画運営 プラウド香川
申し込み・問い合わせ先 プラウド香川 TEL080-3164-4174(藤田)
高松市松島町1丁目15-1たかまつミライエ6F
高松市男女共同参画センター内
市民フェスティバル実行委員会事務局(087-833-2282)

【解説】
「一年之初」「ヤンヤン」のチェン・ヨウチエ監督が5年ぶりにメガホンをとり、亡き同性パートナーの家族を守るため罪を背負う青年の姿を通して、血のつながりを越えた家族の絆を描いたヒューマンドラマ。老婦シウユーとその孫ヨウユーの面倒をひとりで見る青年ジエンイー。ただの間借り人であるはずの彼が2人に尽くすのは、今は亡き同性パートナーの家族だからだ。ところがある日、シウユーが急死してしまい、その死因を巡ってジエンイーは周囲から不審の目で見られるように。警察の捜査によって不利な証拠が次々と発見され、ジエンイーはついに罪を認めてしまう。それはすべて、大切な“家族”を守りたい一心で選択したことだった。主人公ジエンイーを「一年之初」にも出演したモー・ズーイー、シウユーを台湾のベテラン女優チェン・シューファンが演じ、2020年・第57回金馬奨で最優秀主演男優賞と最優秀助演女優賞をそれぞれ受賞した。

2020年製作/106分/R18+/台湾
原題:親愛的房客 Dear Tenant
配給:エスピーオー、フィルモット

【ストーリー】
老婦・シウユーの介護と、その孫のヨウユーの面倒をひとりで見る青年・ジエンイー。
血のつながりもなく、ただの間借り人のはずのジエンイーがそこまで尽くすのは、ふたりが今は亡き同性パートナーの家族だからだ。

彼が暮らした家で生活し、彼が愛した家族を愛することが、ジエンイーにとって彼を想い続け、自分の人生の中で彼が生き続ける唯一の方法であり、彼への何よりの弔いになると感じていたからだ。

しかしある日、シウユーが急死してしまう。
病気の療養中だったとはいえ、その死因を巡り、ジエンイーは周囲から不審の目で見られるようになる。
警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには裁判にかけられてしまう。
だが弁解は一切せずに、なすがままに罪を受け入れようとするジエンイー。
それはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった…

【監督からのメッセージ】
最初は、ある男性が、亡くなった同性パートナーの代わりに、その家族の世話をするという物語を描こうと思いました。
パートナーが暮らした中で生き、彼が愛した人を愛することが、男性にとって彼を想い続ける方法だったのです。
しかし物語が進むにつれて、登場人物の間にさまざまな感情が交差していきます。
この感情は相手の心に響き、自分のところにも帰ってくるのです。
言葉には表せないけれど、それは確かに存在するものです。
いかなる民族や性的指向にかかわらず、この種の感情が血縁のない人々を家族にするのだと、私は心から信じています。
(公式サイトより)

『親愛なる君へ』のオフィシャルサイト http://filmott.com/shin-ai/