「高松市男女共同参画市民フェスティバル」タグアーカイブ

11/23台湾映画「親愛なる君へ」上映会

【香川レインボー映画祭関連企画】
2021高松市男女共同参画市民フェスティバル
テーマ「コロナ禍を超えて 共に生きる社会へ」

台湾映画「親愛なる君へ」上映会
~今は亡き同性パートナーの家族を守る物語~
とき 11月23日(火・祝)14:00~16:45(トーク含む)
チケット 1000円(当日払い)お申し込み2021shinai.peatix.com
場所 高松市男女共同参画センター第3学習研修室

主催 2021高松市男女共同参画市民フェスティバル実行委員会
共催 高松市
企画運営 プラウド香川
申し込み・問い合わせ先 プラウド香川 TEL080-3164-4174(藤田)
高松市松島町1丁目15-1たかまつミライエ6F
高松市男女共同参画センター内
市民フェスティバル実行委員会事務局(087-833-2282)

【解説】
「一年之初」「ヤンヤン」のチェン・ヨウチエ監督が5年ぶりにメガホンをとり、亡き同性パートナーの家族を守るため罪を背負う青年の姿を通して、血のつながりを越えた家族の絆を描いたヒューマンドラマ。老婦シウユーとその孫ヨウユーの面倒をひとりで見る青年ジエンイー。ただの間借り人であるはずの彼が2人に尽くすのは、今は亡き同性パートナーの家族だからだ。ところがある日、シウユーが急死してしまい、その死因を巡ってジエンイーは周囲から不審の目で見られるように。警察の捜査によって不利な証拠が次々と発見され、ジエンイーはついに罪を認めてしまう。それはすべて、大切な“家族”を守りたい一心で選択したことだった。主人公ジエンイーを「一年之初」にも出演したモー・ズーイー、シウユーを台湾のベテラン女優チェン・シューファンが演じ、2020年・第57回金馬奨で最優秀主演男優賞と最優秀助演女優賞をそれぞれ受賞した。

2020年製作/106分/R18+/台湾
原題:親愛的房客 Dear Tenant
配給:エスピーオー、フィルモット

【ストーリー】
老婦・シウユーの介護と、その孫のヨウユーの面倒をひとりで見る青年・ジエンイー。
血のつながりもなく、ただの間借り人のはずのジエンイーがそこまで尽くすのは、ふたりが今は亡き同性パートナーの家族だからだ。

彼が暮らした家で生活し、彼が愛した家族を愛することが、ジエンイーにとって彼を想い続け、自分の人生の中で彼が生き続ける唯一の方法であり、彼への何よりの弔いになると感じていたからだ。

しかしある日、シウユーが急死してしまう。
病気の療養中だったとはいえ、その死因を巡り、ジエンイーは周囲から不審の目で見られるようになる。
警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには裁判にかけられてしまう。
だが弁解は一切せずに、なすがままに罪を受け入れようとするジエンイー。
それはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった…

【監督からのメッセージ】
最初は、ある男性が、亡くなった同性パートナーの代わりに、その家族の世話をするという物語を描こうと思いました。
パートナーが暮らした中で生き、彼が愛した人を愛することが、男性にとって彼を想い続ける方法だったのです。
しかし物語が進むにつれて、登場人物の間にさまざまな感情が交差していきます。
この感情は相手の心に響き、自分のところにも帰ってくるのです。
言葉には表せないけれど、それは確かに存在するものです。
いかなる民族や性的指向にかかわらず、この種の感情が血縁のない人々を家族にするのだと、私は心から信じています。
(公式サイトより)

『親愛なる君へ』のオフィシャルサイト http://filmott.com/shin-ai/

12月4日プラウド・カフェ in 高松市男女共同参画フェスティバル

高松市男女共同参画センターが移転しました。
松島町の文化センターのあった場所に新しい施設「たかまつミライエ」が完成しました。その6階フロア―が高松市男女共同参画センターです。

〒760-0068 高松市松島町1丁目15番1号 たかまつミライエ6F
TEL:(087)833-2282 FAX:(087)833-2286

高松市男女共同参画市民フェスティバル

11月26日から12月4日まで「新・高松市男女共同参画センター開館記念&2016男女共同参画市民フェスティバル」を開催しています。
プラウドはパネル展への出展と、12月4日(日)にプラウド・カフェを開催します。

プラウド・カフェ

12月4日(日)10:00~16:30 参画センター交流サロンにて
飲み物(100円~)、焼き菓子などを販売します。
13:30~16:00はプラウドメンバーとの交流タイムにします。
この時間帯に来るとゆっくりお話しできます。プラウドの活動に興味のある人や最近参加しはじめた人にもお勧めします!
参加申し込み不要、出入り自由です。お気軽にお立ち寄りください。

2016sankakufes_tirasiomote_000001

2016sankakufes_tirasiura_000001

プラウド2015年11月の活動レポート「2015高松市男女共同参画市民フェスティバル」

2015年11月は、「高松市男女共同参画センター開館20周年記念&2015高松市男女共同参画市民フェスティバル」に参画しました。
1995年8月に参画センター(当時は高松市女性センター)は開館しました。PROUDはその年の5月にハート・ショットという名の女性同性愛者の会として発足しており、活動場所を求めていたので、センターが開館してすぐに登録団体になりました。なので、開館当時から活動されている他の市民団体の人たちともお互いの20年をたたえ合いました。
2016年11月には高松市松島町にセンターが引っ越しすることも決まっていて、今のセンターではこれが最後の市民フェスティバルになりました。

パネル展
「どんな性別でも使えるトイレのマーク」コンテスト

11月19日(木)、24日(火)10:00〜17:00
IKODE瓦町(瓦町FLAG8階)
参加人数:1日100~400人程度
体と心の性が一致しない人が自分の望む性別のトイレに入ると非難されるなど、性的少数者には外出時のトイレで困ることがあります。そこで多目的トイレを利用することが多いのですが、障害者や妊婦などのマークしか無く、多目的トイレの利用をためらう人も多いのです。そこでPROUDでは性的少数者にも安心して多目的トイレを使ってもらえるよう、マークの公募を企画しました。
このパネル展では、1次選考で分かりやすさや美しさを基準に絞られた11点を展示して、来場者に投票してもらいました。たくさんのご参加ありがとうございました。
パネル展

ワークショップ
ダイバーシティ・カフェ

11月22日(日)、29日(日)10:00〜16:00
高松市男女共同参画センター2階情報交流室
参加人数:各日30人程度

ダイバーシティとは多様性の意味で、多様な人々が共に話せるカフェコーナーを交流室に開設しました。コーヒー、紅茶、ジュースなどの飲み物と、パウンドケーキやクッキーなどのお菓子を販売しました。
飲み物を淹れている間に、同性パートナーシップ証明書の取り組みへのアンケートや、「どんな性別でも使えるトイレのマーク」に投票してもらうことも出来ました。時間のある人はゆっくり座って、お茶を飲みながら仕事や生き方についてお話しを聞かせてくれました。
また、最近LGBTに関する話題も多くなっていますので、PROUDの活動に関心を持ってダイバーシティ・カフェを訪れた人もいました。LGBT当事者、親御さん、市議会議員、政党職員、これから支援をしたいと思っている人など、いろいろな人がお話しをしに来てくれました。
カフェのスタイルは気軽に話せて楽しかったのでまた企画したいと思いました。お越しいただいた皆様ありがとうございました。

ダイバーシティ・カフェ