「活動報告」カテゴリーアーカイブ

第6回プラウド・カフェを開催しました。(2016.03.12)

第6回プラウド・カフェの様子
第6回プラウド・カフェの様子
今回はアンリさんのお店「駆け込み茶屋あんり」でプラウド・カフェを開催しました。
プラウド・カフェとしては過去最高の22人の参加があり大盛況でした。お菓子の差し入れなどもありがとうございました。
前半の自己紹介ではそれぞれの好きなことも話してもらい、参加者の新たな一面を知ることも出来ました。
後半は参加者のリクエストに応じてこんなアンケートも取りました。
質問:高松のような地方都市にも渋谷区のようなパートナー条例は必要か?
回答:Yes…12人 わからない…1人 No…0人
皆様のご参加に心より感謝しております。ありがとうございました。
次回プラウド・カフェの開催は5月14日(土)を予定しております。

参加者の感想

  • 初対面の方たちと違和感なく、とても楽しく話させてもらうことができて不思議な感じです。個性的な皆さんとのいろいろな内容のお話に時間を忘れてしまいました。
  • 教員です。バイセクシャルです。性で悩んでいる皆さんと語り、シェアしたいです。プラウド最高です!!また来たいです!!
  • 色々話が聞けてよかったです。真面目な話が出きて為になりました。
  • 先日はプラウドカフェに参加させていただきありがとうございました。娘の希望はもちろんですし、わたしも学びたい・知りたい気持ちで参加しました。
    娘は憲法のこと、特に9条の問題にも興味を持っています。そのなかで、 差別・子どもの貧困などの問題にも触れて、それらの問題について勉強しているようです。
    多くを語らない子なので、性について考えているのかどうかわからないのですが 同情や偏見といったものは、あの子にはないと思います。
    最後に少しおしゃべりをしたビアンの子が印象に残っています。娘のことを気遣ってくれて、いろいろおしゃべりしてくれました。
    バイセクシャルの男性の方ともお話させていただきました。 包み隠さず、ご自分の性の悩みを私達に話してくれて、良い時間が持てました。
    娘は恥ずかしがり屋なので、時間はかかると思いますが、 慣れたらわたしから離れて、みなさんと意見交換できるようになると思います。
    お店のアンリさんは所作の美しい方ですね。こんど個人的にお店に行こうと思います。
    スタッフをされていた白神さんとアンリさん、そして主催してくれた 藤田さん、お疲れ様でした。今後もプラウド・カフェをぜひ続けてください。
    ※「エソラ」をプラウドのホームページから拝見しました。
    透明感があるというのでしょうか、心が洗われるような内容ですね。
    初恋を思い出すというか、初々しい、そんな感じですね。
    たくさんの人に見てもらいたいですね。恋愛は本来、この映画のように 素敵なこと。それなのに、自由に恋愛や結婚をすることが出来ない状況の 人達がいる。それが現実。差別や貧困、格差が広がる先進国の日本。
    無知のままではいけないと強く思いました。

プラウド12月例会レポート「大阪市淀川区LGBT支援事業の視察報告会」

2015年12月20日(日)、高松市内で、「大阪市淀川区LGBT支援事業の視察報告会」を開催しました。参加人数は15人で、当事者だけでなく、行政の方や議会関係者、教職員組合の方にご参加いただきました。

視察報告ビデオの上映
視察報告ビデオの上映

8月13日に大阪市淀川区役所へ視察に行った、プラウド代表の藤田博美による視察ビデオ上映の後、プラウド副代表の野原ナオコから、「LGBT支援事業の経緯」、「行政機関が行うLGBT支援事業の内容」、「LGBT支援事業に対する全国からの反響等」といった大阪市淀川区の取組の状況についての報告を行いました。また、岡山市でも当事者グループとの市民協働の取組として「当事者アンケート調査」が始まっているということについても、報告を行いました。

20151220nohara
報告をする野原ナオコ

報告終了後、参加者が三つのグループに分かれて、「私たちのまちで何ができるのか」といった内容についての話し合いを行いました。
参加者からは、「大阪市淀川区の取組がよくわかった。」「自分たちの自治体で何ができるのだろうか?」「これからどういった支援が必要なのか?」といった意見が出されました。

20151220参加者の皆さんと記念写真
20151220参加者の皆さんと記念写真

プラウド2015年11月の活動レポート「2015高松市男女共同参画市民フェスティバル」

2015年11月は、「高松市男女共同参画センター開館20周年記念&2015高松市男女共同参画市民フェスティバル」に参画しました。
1995年8月に参画センター(当時は高松市女性センター)は開館しました。PROUDはその年の5月にハート・ショットという名の女性同性愛者の会として発足しており、活動場所を求めていたので、センターが開館してすぐに登録団体になりました。なので、開館当時から活動されている他の市民団体の人たちともお互いの20年をたたえ合いました。
2016年11月には高松市松島町にセンターが引っ越しすることも決まっていて、今のセンターではこれが最後の市民フェスティバルになりました。

パネル展
「どんな性別でも使えるトイレのマーク」コンテスト

11月19日(木)、24日(火)10:00〜17:00
IKODE瓦町(瓦町FLAG8階)
参加人数:1日100~400人程度
体と心の性が一致しない人が自分の望む性別のトイレに入ると非難されるなど、性的少数者には外出時のトイレで困ることがあります。そこで多目的トイレを利用することが多いのですが、障害者や妊婦などのマークしか無く、多目的トイレの利用をためらう人も多いのです。そこでPROUDでは性的少数者にも安心して多目的トイレを使ってもらえるよう、マークの公募を企画しました。
このパネル展では、1次選考で分かりやすさや美しさを基準に絞られた11点を展示して、来場者に投票してもらいました。たくさんのご参加ありがとうございました。
パネル展

ワークショップ
ダイバーシティ・カフェ

11月22日(日)、29日(日)10:00〜16:00
高松市男女共同参画センター2階情報交流室
参加人数:各日30人程度

ダイバーシティとは多様性の意味で、多様な人々が共に話せるカフェコーナーを交流室に開設しました。コーヒー、紅茶、ジュースなどの飲み物と、パウンドケーキやクッキーなどのお菓子を販売しました。
飲み物を淹れている間に、同性パートナーシップ証明書の取り組みへのアンケートや、「どんな性別でも使えるトイレのマーク」に投票してもらうことも出来ました。時間のある人はゆっくり座って、お茶を飲みながら仕事や生き方についてお話しを聞かせてくれました。
また、最近LGBTに関する話題も多くなっていますので、PROUDの活動に関心を持ってダイバーシティ・カフェを訪れた人もいました。LGBT当事者、親御さん、市議会議員、政党職員、これから支援をしたいと思っている人など、いろいろな人がお話しをしに来てくれました。
カフェのスタイルは気軽に話せて楽しかったのでまた企画したいと思いました。お越しいただいた皆様ありがとうございました。

ダイバーシティ・カフェ