「活動報告」カテゴリーアーカイブ

8/23(日)『僕らの未来』上映会レポート&監督・参加者コメント

スタッフレポート

香川レインボー映画祭スタッフKです。
8月23日は映画祭に向けて「高校生対象」と銘打った上映会。
タイトルは『僕らの未来』。
性同一性障害に悩む高校生、高校生たちのお話。
性同一性障害に悩む女子高生が周りからの偏見や制服の問題、恋愛の問題に直面していく物語。
最初に思ったのは、このFTMの主人公の周りには、同性愛に悩むフリーターのゲイくん、MTFのダンサーと同じような悩みを抱える仲間がいて、いいなーと思ったこと。
あとは、自分の高校時代と重ね合わせて観たとき、なんて自分は恵まれていたんだろうと思ったこと。
制服についても、着るのが当たり前でそんなに嫌悪感を抱かなかったし、
恋愛してもちょっとかっこいい先輩て感じでもてはやしてもらえたし…。
でも、女の子らしくないってコトで周りから冷やかされたり、女子トイレに入りづらかったり…。
自分の学生時代と重なるところがあって…。
あと、同性の友達ができないことや家族から理解されないことなど、今の自分が直面している未だ解決していない問題…。
とにかく、FTMを取り扱っていることから自分と重なる部分があってスゴく心揺さぶられた。
何よりも心動いたのは、ホントの友達に理解された時と家族に理解された時。
主人公につられてオレも思わず「許された」と思って涙がこぼれてしまった。
夏休み最後の日曜で観てもらいたかった高校生はいなかったものの、性同一性障害や同性愛に悩む姿の細かいところまで描かれていて、みなさんに是非観ていただきたい一本でした。
香川レインボー映画祭は10月18日(日)。

飯塚花笑監督からのメッセージ

こんにちは、はじめまして『僕らの未来』を監督しました飯塚花笑です。『僕らの未来』を観てくださりありがとうございます。
5年前にまだ十代だった僕が作った映画がこのように未だに上映され観ていただけていることを嬉しく思います。
この映画は僕自身が中学、高校時代に体験したことを元に作りました。毎日着なくてはならない女子制服。好きな相手に素直に「好き」と伝えれば簡単にイジメの対象になってしまうこと。毎日何かに押しつぶされそうに生きていたことを今でも生々しく思い出します。この映画はそんな僕の凄く個人的な体験を元に「生きていくこと」「自分らしくあること」という決してセクシュアル・マイノリティに限らずどんな人間も必ず直面するテーマを突き詰めた作品になっていると思います。
映画をご覧になって下さった皆様が何か一つでも前へ進むヒントを、そして勇気を受け取っていただけていれば幸いです。
飯塚花笑

参加者の感想

  • 私自身はレズビアンとして、FTMの人の事をうらやましいとも憎らしいとも、うらめしいとも思ったことが多いのですが…自分が間違っているのは分かっているのですけどね。
    それにしても、せっかく告白してくれた後輩の女の子を振ったりして、もったいないことをするものだと少しだけ思ってしまいました。
    同じ映画の中で、FTM、MTF、ゲイと3人もセクシュアル・マイノリティが登場していて、なかなか幸せをつかむことも難しくて、もどかしくて、つらいですよね。
    主人公と父親との関係には、最後に希望があり、少し安心できました。
    それにしても、この映画に登場した教師みたいな人、イマドキいるの?あまりにもLGBTに理解が無さ過ぎますよね。
  • 自分のことで悩んでつらいのに、周りの人が誰も分かろうとしてくれなかったらもっとつらいと思った。
  • こういう状況あるなぁ、きついなぁと主人公の状況をリアルに感じながら観ました。『分けられて』のかしょう君の自伝的作品と聞き、こういう状況を乗り越えて生きてきたんだなぁ、伝えてくれてありがとう、と思いました。

以上です。お読みくださりありがとうございます。

プラウド・カフェの今と昔、そして次回へ向けて。

7月26日にプラウド・カフェを開催しました。
今回も20名の参加があり、文字通りひざを突き合わせて、あちらこちらで話が盛り上がっていました。教育機関への働きかけの話し合いも進めることができました。

今回も様々な職業や立場の参加者が来られましたが、このグループを私・藤田と一緒に立ち上げたスカイさんも参加してくれていました。
-1995年の発足当時はレズビアンとバイセクシュアル女性のグループで名前は「ハート・ショット」と言いました。それが徐々に参加者や活動内容の変化によって「ハート・ショット」→「PROUD in 香川」→「PROUD」と名前も変えてきました。

昔話のついでにもうひとつ。今年1月から始めたこのプラウド・カフェはプラウドの歴史の中では第二期にあたります。
第一期プラウド・カフェは2007年~2009年にかけて計8回開催しました。その時は「会議室で行っている会よりはゆるく集まれて、LGBTな話ができて仲間に会える和み場所」というコンセプトの元、メンバーの経営するカフェで、ライブ演奏や詩の朗読なども行われていました。

そして今年プラウド・カフェ復活にあたって、第一期の企画や運営を中心でやってくれていたりーるーさんがイメージ画を描いてくれました。りーるーさん、楽しそうな雰囲気が伝わってくる素敵なイラストをありがとうございました!現在りーるーさんは漫画家として活躍されていますので是非検索してみてくださいね。

第二期のプラウド・カフェは2015年上半期の運営メンバーの提案の元、
プラウドメンバーが中心になって、おやつとお飲物をご用意しておもてなし♪
「性とライフスタイルの多様性」をテーマとして、
「LGBTQ/ヘテロ/アライ/マイノリティ/マジョリティという枠にとらわれず、誰もがひとりの人間として気軽に相談しあったり/世間話をしたり/お友達になったりしていく、オープンで気軽な思いやりと優しさのある空間」
というコンセプトで、奇数月の最終日曜日にお店を借りて開催してきました。
毎回20名前後、10代から60代まで幅広い層の参加がありました。参加・協力してくれた方々に心から感謝しています。

ここで皆さんにお知らせとお願いなのですが、一旦このプラウド・カフェのコンセプトや開催方法を見直すことになりました。
これまでプラウド・カフェに参加してくださった方や今後参加したい方、ぜひ8月末までにご意見やご要望をお聞かせください。よろしくお願いします。
→お問い合わせフォーム

8月23日(日)には香川レインボー映画祭のプレ上映会としてFTMの高校生の映画「僕らの未来」を上映します。ぜひそちらにも足を運んでくださいね。
(藤田)

6月定例会「レインボープライド愛媛のエディ氏を迎えての勉強会」参加者コメント

6月28日に開催された定例会、テーマは「愛媛での取り組みに学ぶ、性の多様性を活かす地域づくり」。
講師にレインボープラウド愛媛代表エディ氏を迎えての勉強会でした。15名の参加がありました。
→レポートのページへ

参加者からのコメントを入力できましたのでお読みください。みなさんの熱い思いが伝わってきますね。

  • 焦らず自分のできる事を自分のできる場所でやっていきます。
  • ワールドカフェ初体験!!とても充実していて楽しかったよ~。ご一緒させて頂いたみなさんありがとうございました。
  • 多様性を認め合える社会へ。小さくても声をあげていきましょう。
  • ワールドカフェのやり方が良かった。他の市民活動の人とつながったり、学校へアプローチしていきたい!
  • セクシュアリティは善悪では無く「本能」です!!私たちは、異性愛者であるあなた達の「子供」です!!
  • 自助活動は底支え!
  • ワールドカフェは色々な意見が聞けて楽しかったです。
  • 今日学んだコトバ「わかってくれる人が3人いれば生きられる」香川の皆様ありがとー。
  • とてもとても勉強になりました。楽しかったです。私も何かせねばと思う今日この頃…。
  • 親からの経済的自立!悲観的にならない!
  • 「教育」って大切なことなんだと痛感させられました。勇気をもって進んでいけるように努力していきます。自分が変われば世界が変わる、そう信じられる世の中に…。
  • 私たちから変えていく!自分に何ができるだろう?2~3人いれば何ができるだろう?
  • ここにいます、LGBTQ。
  • 愛媛に学ぶことがたくさんある。

以上です。読んでいただきありがとうございます。(藤田)